A&Iロゴ.png

●テストで、できなかったところをチェック

テストの結果は、宝の山です。なぜなら、どこができたのか、どこができなかったかが分かります。
よく見ると下のようなことに気づきます。
 ・できた問題=いつもできる問題
 ・できなかった問題=いつもできない問題
そこを重点的に学習することで少ない時間で、点数につながる学習ができます。

●そして点数だけを見るのではなく、なぜ間違えたかを考える

とった点数は、つけ直すことはできません。終わったことです。
次に間違えない努力をする原動力にしてみてください。
これから先の結果が変わってきます。
間違えた理由は色々とあるはずです。

・暗記があいまいだった。
 ・計算間違いした。
 ・問題を読んでなかった。
 ・符号を付け忘れた。
 ・時間が足りなかった。
  など
よく考えると、更にこのことが起こった理由があるものがあります。

●例えば、計算間違いはミスのせい?

ミスをするのは自分には原因がないのでしょうか。
注意してミスした問題を見ると原因が見えてきます。
計算問題では、途中の式を書かずに暗算した時に計算間違いをよく起こします。
それはなぜか。
例えば等式の変形で「移項」と「計算」の2つのことを式に書かずに頭のなかで同時にやってしまいます。
人間の頭は同時に2つのことに注意を払うことはとても難しいことです。
これをやった時、間違いが多く起こります。

●自分に自信をつける

どの科目でも、どの単元でもよいのですが、絶対に自信が持てる部分を作っていくことが大切です。
この目標に向かって取り組んで、それが結果につながれば、そのやり方が自分に合っていたという
確信が持てるようになります。
こうやって、自分なりの勉強のやり方を身につけます。
これが自分の学習法の基礎となることで、その他の科目や単元にも応用が効くようになり、
全体的な成績アップにつながっていきます。